お肌のたるみ

しわ・たるみ、なんとかなりませんか?

ある日、三十九歳の初診の患者さんが、私の前に、深刻な面持ちでおすわりになりました。どんなたいへんなことが起こったのかと思いましたが、彼女のお肌には、とくになにもできてはいません。「先生、最近、お肌に急にハリがなくなっちゃって……」「そうですがねえ…。失礼ですけど、お年よりはずいぶんお若いですよ」「ええー、でも………もう、大変なんです………(手鏡をのぞきこんで)ああ!恐ろしい……!」「………………」「お化粧品にも気をつかって、エステにもがよっていたのに、どうして急にこんなになっちゃ
ったのかしら。フェイスラインはぼやけるし、口角もさがってきたみたい」「いくらお肌の手入れをしても、体のなかでは、年とともに自然にホルモンバランスが変化していますからねえ」「それはそうでづけれど……肌がホルモンと関係あるんでづか?」
「卵巣から出るホルモンが、お肌のハリとつやを守るのに不可欠なのでが、それが三十代な
かば頃から減ってくるのですよ」「えっ、じゃあ、ホルモン剤のまないとだめですか?」「残念ながら、肌のためにホルモンをのむということは、副作用の問題があるのでできません」「じゃあ、どうすればいいんですか?」「ホルモンバランスをこわさないように、なるべく気をつけることです」「私、ダイエットして、生理が止まったことあります。以後ずっと不順なんですが、子供ももういらないから、いいかなと思って…そういうことも影響しているんでしょうか?」「そういうのが一番よくないんですよ。今は、早発閉経といって、早く閉経してしまう人がは
えています。早く閉経するとお肌の衰えも早くなります」「えーつ、こわい!化粧品とかより、そっち治さないとダメですね………」
このような方の場合は、漢方治療で、生理不順を治すことが先決です。生理不順の漢方にも
いろいろありますが、脈血改善の処方を使うことが多いです。|三七~
一九ページの療血の漢方処方の項を参照して、ご自分に合うものを探してみてください。生理不順がなくても、生理のときの出血量が急に少なくなったり、持続日数が短くなったり、というときには、まず基本に立ち返りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です